「 何者 」観てきました

2016年10月18日 20:06

朝井リョウの本は読んだことがない
映画「 桐島、部活やめるってよ 」も観てない

「 何者 」は、出演者に惹かれて観に行ってしまった
何の情報も無くね

こんな映画だったんだ
観てから読んだレビューにホラーとあったけれど、本当にそうかもしれない

就活中の拓人は、同級生光太郎の卒業ライブの会場で
留学から帰国した憧れの瑞月に会う

卒業ライブを終え、髪を黒く染めた光太郎は、本格的に終活を始める
そんな時、瑞月が同じアパートに留学の時に知り合った友人理香が住んでいるとやってくる

理香の部屋に集まった、拓人、光太郎、瑞月、理香、そして、理香の同棲相手、隆良
この部屋を就活作戦室として、活動始める
それを眺めながら、就職に何の意味があると言う隆良

それぞれの状況をSNSに綴っていく彼ら
それを見ながら、陰で分析している拓人





何者


拓人の劇団の先輩を山田孝之が演じていて
とっても良い感じの少し大人を作り出してたわ


実は、就活をした事がないから
今の学生たちがこんなに過酷な状況を乗り越えてると知って頭が下がってしまった

でも、見終わって、妙にずしんと心が重かったわ








*参加しています
ポチッと応援お願いしますminimini_ozigi(17).gif

br_decobanner_20090926012714.gif

*こちらも
�ɂق�u���O�� �n�搶���i�X�j �k�C���u���O��



「 ハドソン川の奇跡 」観てきました

2016年09月26日 19:49

クリント・イーストウッド監督作品、誰が主演であろうとも絶対観る!
それが、トム・ハンクス主演で撮られるなんて!!

記憶にも新しい2009年1月
空港を飛び立ったばかりの航空機に、鳥の集団が激突
両方のエンジンが破壊された航空機は、飛行場に戻ることも出来ず
機長のとっさの判断でハドソン川へ決死の着水が試みられた

乗客、乗員、全員の命を救った機長をマスコミは英雄と報道し
NY中が幸せに浸った数日後、機長の判断は正しかったのだろうか
本当に空港に引き返せなかったのだろうか
エンジンは、片方だけ作動してたのではないだろうか・・・

多くの疑問が持ち上がる中
国家運輸安全委員会の厳しい追求が機長につき付けられる



ハドソン川



毎回思う、クリント・イーストウッドは、あと何本撮ってくれるの?
86歳の彼は、どんな思いでこの映画を撮ったのだろうか
彼の思惑通り、観客は、ハラハラし、ドキドキし、切なくなる
そして、畳み掛けるように後半に向かう
そして、結末・・・

上手すぎる


「 怒り 」を観なきゃ損よと思っていたけれど
「 ハドソン川の奇跡 」は、今年観るべき一本よ






*参加しています
ポチッと応援お願いしますminimini_ozigi(17).gif

br_decobanner_20090926012714.gif

*こちらも
�ɂق�u���O�� �n�搶���i�X�j �k�C���u���O��




「 君の名は。 」観てきました

2016年09月23日 18:18

今、1番注目されている映画
『 君の名は。 』観てきました

有名なアニメ監督の作品らしい、観るのは初めて
映画の風景を観に行く人も多いって、すごい影響力を持った作品なのね


田舎町に住む宮水三葉は、都会に住む男子高校生になった夢を見る
それが夢だけの事だと信じていたが、どうやら夢を見ている間は
三葉が別の人間になっているらしいと気がつく
一方、都会に暮らす高校生の立花瀧も田舎に住む女子高校生になった夢を見ていた



君の名は



よく出来た面白い映画だと思うけれど
世の中で、こんなに騒がれている事がちょっと理解できない

そう思った自分がすごく冷めた人に見えた

きっと純粋に感動的な映画なんだと思うわ

神木隆之介くん、アフレコも良いね
それが一番感動したかも





*参加しています
ポチッと応援お願いしますminimini_ozigi(17).gif

br_decobanner_20090926012714.gif

*こちらも
�ɂق�u���O�� �n�搶���i�X�j �k�C���u���O��





「 怒り 」観てきました

2016年09月21日 20:49

吉田修一好きです
でも、全般に好きな作品では無くて
その振り幅が吉田修一の不思議さで魅力かも

吉田修一の作品「 悪人 」で高い評価を受けた李相日監督作品
悪人も好きだけど、賛否両論が大きく分かれた作品よね。それも解る気がする

八王子で起きた夫婦惨殺事件
犯人が残したと思われる血で書かれた「怒」の文字

犯人が捕まらぬまま1年が過ぎようとしている頃
海辺の町で田代という若者が働き始め
東京の大企業に勤める優馬は直人と言う若者に出会い
親の都合で沖縄に転校してきた泉は、無人島で田中と言う青年と知り合う

それぞれの場所で、素性の解らない男と関わりを持った人々は・・・



怒り


とにかく、それぞれの俳優たちが圧巻の演技で
原作を読んでいるのに、結末が解っているのに
映像から目が離せない
長いはずの映画なのに、終わってしまう事が寂しいような
この緊張感からはやく逃れたいような
始終、不思議な感覚がつきまとっていた

でも、終わるとやっぱり重い

殺人現場の映像を観ることが耐え難くなければ、観て欲しいわ






*参加しています
ポチッと応援お願いしますminimini_ozigi(17).gif

br_decobanner_20090926012714.gif

*こちらも
�ɂق�u���O�� �n�搶���i�X�j �k�C���u���O��




「 後妻業の女 」観てきました

2016年09月01日 20:00

大竹しのぶ、豊川悦司出演の映画「 後妻業の女 」

原作は、「 破門 」で 直木賞を受賞した黒川博行氏の「 後妻業 」
刊行と同時に読んだ後妻業、詳細を忘れてから観られて良かった


結婚相談所で知り合った、独り身の老人の後妻に入り
その財産を手に入れる画策をする女、小夜子
その小夜子に資産のありそうな老人を紹介する相談所の柏木
そして、彼らを取り巻く人々

欲に取り憑かれた人々が織りなす世界が
妙におかしく描かれている

大竹しのぶって、怖いほどすごい



後妻業




原作はもう少し、どろっとしてたような

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

後妻業 [ 黒川博行 ]
価格:1998円(税込、送料無料) (2016/9/1時点)








*参加しています
ポチッと応援お願いしますminimini_ozigi(17).gif

br_decobanner_20090926012714.gif

*こちらも
�ɂق�u���O�� �n�搶���i�X�j �k�C���u���O��





最近の記事