「 エヴェレスト 神々の山嶺 」観てきました

2016年03月16日 20:05

山岳映画が来ると観ずにはいられない

『 エヴェレスト 神々の山嶺 』

岡田准一、阿部寛、尾野真千子。すごいメンバーを揃えて、ガンガン宣伝してくれたら
観たくなるよね

夢枕獏の人気小説らしい、原作を読んでないので
そう言う意味のがっかりは無くて良かった

山岳カメラマンの深町は、カトマンズの古道具店で
ジョージ・マロリーが所有していた物と思われる古いカメラをみつける
一旦は、そのカメラの購入を諦めるのだが
命を落とす前にマロリーがエヴェレストへの初登頂を果たしたかどうかの鍵が
このカメラに隠されていると感じ、又その店に訪れ
そこで、消息を絶っていた天才クライマー羽生に出会う

日本に戻り、羽生の過去を調べるうちに彼の生き様にのめり込んで行く深町は
羽生丈二をカメラに収めたいと熱望し、又カトマンズに向かう



エヴェレスト


8000メートルを超える山の苛酷さを想像するのは難しい
映像以上の怖さがそこにはあると思うのだけれど

そして、この映画を撮る為の困難さも伝わるのだけれど
何だか、ありゃ?と言う事も多くて

もちろん、飽きずに、一緒にハラハラしながら観れるのは確か


それにしても同じ年にエヴェレストを題材にした映画が2本
ちょっとしたブームのよう





*参加しています
ポチッと応援お願いしますminimini_ozigi(17).gif

br_decobanner_20090926012714.gif

*こちらも
�ɂق�u���O�� �n�搶���i�X�j �k�C���u���O��




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://boiledegg830.blog35.fc2.com/tb.php/3785-c7cf4496
    この記事へのトラックバック


    最近の記事